ホームページの活用方法
スライド画像 スライド画像

HPを活用するポイント3つ

大手企業と中小企業のHP活用の差

HPは会社そのもの

HPは会社そのもの

HPは会社そのもの

時価総額の高い上場企業は、HPを「自社の武器」として育て続けています。「名刺代わり」にとどまらず、お問い合わせや採用エントリー、代表挨拶・ビジョン紹介といった情報を掲載し、「営業マン」として「採用担当」として「経営者」として進化させています。
ホームページは作って終わり、作ったときの目的に固定されるものではなく、育て続けることにより、インターネット上での「会社そのもの」になってゆくのです。


中小企業のHP活用の現実

中小企業のHP活用の現実

中小企業のHP活用の現実

大手や上場企業がHPを積極的に運用し、「インターネット上の会社そのもの」に育て上げている事とは対称的に、中小企業では真のHP活用がなされていません。担当者がいない、でも制作会社に依頼する際にはコストがかかる。そんな負のサイクルに陥り、HPは放置され廃れていきます。この構造が起きる原因は、世の中のWEB制作会社が、フォローに手が回らないためです。WEB制作会社は新規のお客様の対応で手いっぱいとなり、既存のお客様のフォローに時間を割くことが難しいのです。ゆえに、フォローがなくなり、自身でHPを育てることができない中小企業は真のデジタルシフトを出来ていないのが現状です